花をきれいに長持ちさせる方法

花 花束 長持ち 鮮度保持剤 切花延命剤 フラワーフード 花工場切花ロングライフ液 切花活力剤  ハイポネックス原液 キープフラワー

この時期、卒業、転勤、退社などで、花束をプレゼントしてもらう機会が多いのではないでしょうか?

プレゼントしてくれた人の思いのこもった花なので、少しでも長持ちさせて、たくさん眺めていたいですよね。

今回は、花をきれいに長持ちさせる方法をご紹介いたします。

花を持ち帰ったらする作業

花 花束 長持ち 鮮度保持剤 切花延命剤 フラワーフード 花工場切花ロングライフ液 切花活力剤  ハイポネックス原液 キープフラワー

花束のラッピングをほどく

ラッピングされている状態を保ちたいところですが、長持ちさせるために、早めに花瓶に移しましょう。

茎の切り口部分の保水ペーパーや保水ゼリーが入った袋を取り外す

花がばらけて形が崩れてしまうのを防ぐために、輪ゴムで留めておきましょう。

保水ゼリーが茎に付着している場合は洗い流す

茎と茎の間にもゼリーが入り込んでいることもあるので、よく洗い流しましょう。

茎を1~2cmほど切り戻す

切り戻すとは、伸びすぎた茎を切り取り、蕪を短くして形を整えることをいいます。

切り戻し作業によって、切り口の断面からの水の吸い上げが、各段によくなります。

この作業は、できれば花瓶の水を変えるたび行うことがベストです。

花瓶を洗う

食器用洗剤を使ってしっかりと洗いましょう。
こうすることで、水中のバクテリアの発生を抑えます。

花を長持ちさせるコツ

花 花束 長持ち 鮮度保持剤 切花延命剤 フラワーフード 花工場切花ロングライフ液 切花活力剤  ハイポネックス原液 キープフラワー

花瓶の水の量は1/3強

花瓶に入れる水の量は、花瓶の1/3強ほどを目安にします。

水を入れすぎと、茎が水に浸かる部分が多すぎるため、雑菌が繁殖しやすくなります。

また少なすぎると、花が水を吸い上げにくくなります。

鮮度保持剤や切花延命剤を利用する

最近は花束と一緒に、花の鮮度を保つ鮮度保持剤がつけられています。

この鮮度保持剤は、花瓶の水に混ぜて使います。

鮮度保持剤・切花延命剤のメリット

花 花束 長持ち 鮮度保持剤 切花延命剤 フラワーフード 花工場切花ロングライフ液 切花活力剤  ハイポネックス原液 キープフラワー

バクテリアの発生を抑える

鮮度保持剤には、抗菌剤や殺菌剤が含まれています。

この作用が水の腐敗やバクテリアなどの繁殖を抑えるので、水を替える頻度が少なくて済みます。

花の色つやが長持ちする

鮮度保持剤にはグルコースやサッカロースなどの炭水化物が入っています。

この作用により、花の鮮やかな色や香りを長持ちさせることができます。

オススメの鮮度保持剤・切花延命剤

住友化学園芸 切花活力剤 花工場切花ロングライフ液 480ml

薄めて使うタイプです。

トレハロースを配合しており、花の鮮度を長持ちさせることができるという口コミが多く、とても人気です。

水が減った場合は水を加えるだけで、効果が持続するのでお手入れ楽チンです。

ハイポネックス原液 800ml

薄めて使うタイプです。

植物に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合されています。

野菜を育てるときにも使えます。

キープフラワー 500ml

薄めて使うタイプです。

1970年代に発売されて以来の、ロングセラー商品です。

花が長持ちするという口コミが多く、コスパの良さも人気の秘訣です。

まとめ

花 花束 長持ち 鮮度保持剤 切花延命剤 フラワーフード 花工場切花ロングライフ液 切花活力剤  ハイポネックス原液 キープフラワー

花束をプレゼントするとき、送る人は「何色系の花束がいいかな」「メッセージカードは何て書こう」と、思いを込めて選んでプレゼントしてくれます。

花束をプレゼントされるとき、もらう人もプレゼントする人も、自然と笑顔がこぼれます。

プレゼントしてくれた人の思いがこもった花束です。

新しい環境へ向かうあなたを、いつまでも励ましてくれることと思います。

ぜひ長持ちさせ、長い時間を共に過ごせるようにしましょう。