2020年のトレンドはソバーキュリアスとモクテル

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

アルコール飲料の規模が年々縮小していく中、ノンアルコールドリンク市場は拡大の一途を遂げています。

高級ノンアルコールワインやノンアルコールドリンクが話題を呼ぶ中、さらに新しいキーワードに注目が集まっています。

「敢えて飲まない」ソバーキュリアスとは?

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

みなさんは「ソバーキュリアス」という言葉をご存じですか?

ソバーキュリアス」とは「敢えて飲まない」という思考を持つ人たちのことをいいます。

ソバー(sober)=シラフキュリアス(curious about)=好奇心があるという意味で、海外ではすでにトレンドになっています。

そんなソバーキュリアスが気楽に集まって、アルコールドリンクを飲まずにノンアルコールドリンクを楽しむバーを「ソバーバー(Sober Bar)」といいます。

精神的健康志向が広まり、アメリカNYではソバーバーの勢いが増しています。

決してアンチアルコールというわけではなく、あくまでも人が集まり、楽しく気軽にコミュニケーションを楽しむ場所の選択肢を増やしたいという考えからなるものです。

ロンドン発!インスタ映え必至の「モクテル」とは?

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

最近日本でも話題の「モクテル」をご存じですか?

モクテルとは、ノンアルコールカクテルのことを言います。

「モク」(Mock)=「真似た」と、カクテル(Cocktail)=「カクテル」をかけ合わせた新しい言葉です。

お酒が飲めなくても、ノンアルコールのカクテルを楽しめると話題になっています。

見た目も味もカクテルと全く一緒で、ロンドンの若者を中心に人気に火が付きました。

最近は国内でもレストランやバーのメニューに取り入れられており、インスタ映えする新しいドリンクとしてトレンドになっています。

大阪発!テイクアウト専門の「モクテルバー」

話題のモクテルをメインに営業している話題のお店が、昨年2019年大阪靭公園近くにオープンしました。

大阪市西区西本町「The Mocktail Bar MORI」

地下鉄本町駅27番出口を出てすぐにお店があります。

独創的な外観が話題となり、若い女性を中心にインスタ映えすると話題になっています。

一本の大樹の中がBARとなっており、森の中のBARがコンセプト。

そのメニューは…

  • ノンアルコールジントニック
  • ノンアルコールモスコミュール
  • ノンアルコールモヒート
  • ノンアルコールマタドール
  • ノンアルコールアメリカレモネード

様々なカクテルが全てノンアルコールで提供されています。

これまでお酒が飲めず、「ジントニックってどんな味なんだろう?」「モスコミュールって何?」と思っていた人でも、「こんな味だったのかぁ」と本物のカクテルと同じように味わうことができますね。

The Mocktail Bar MORIのモクテルをご紹介

ノンアルコールマタドール

テキーラベースのオーガニックアガペシロップと、スパイスの女王といわれている「カルナモ」、酸味のあるパイナップルが入ったカクテルを「モクテル」にしています。

甘味を感じるので、スイーツに合うモクテルです。

ノンアルコールモスコミュール

鼻にツンとくる生姜の香りが良い刺激となり、どう飲んでも本格的モスコミュール。

ノンアルコール飲料の多くは甘味が強く作られているが、このモクテルは甘すぎずキリっとした味。

甘すぎない味わいは、食事とモクテルの双方をバランス良く楽しむことができます。

店長の桐山さん曰く、「和食に合うノンアルコールドリンク」です。

このノンアルコールモスコミュールは、生姜をその場ですりおろして、各種ハーブとはちみつ、隠し味にアーモンドを混ぜ合わせています。薄くスライスした生姜を浮かべています。

これからはノンアルコールドリンクが時代を席巻する

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

ノンアルコールでの飲み会は、飲み会じゃないとまで言われ、「お酒を飲めない人」がどこか冷遇されてきた時代は、もう終わったのです。

モクテルは、ノンアルコールでありながら、本物のカクテルの味わいを楽しむことができ、かつ健康的で、素材そのものを味わうことができます。

今後、モクテルを提供するレストランが増えれば、見て楽しむ飲んで楽しむ場が増え、これまでお酒を飲めなかった人でも、場をしらけさせることもなく、飲み会やパーティーを楽しむことができます。

アルコールの喉ごしはそのまま、でも健康志向

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

ではノンアルコールドリンクと市販のジュースの違いは何なのでしょう。

まずは、現代人の健康志向の高さにあると思われます。

市販のドリンクには人口甘味料が含まれていますが、The Mocktail Bar MORIで提供されるような本格的なモクテルには、天然のハーブやシロップを使用しているので、健康志向が高い人にはピッタリです。

では、ノンアルコールドリンクとアルコールドリンクの違いはというと…

アルコールドリンクには、飲んだときに感じる「喉ごし」があります。

これまでノンアルコールドリンクに物足りないものとして、その喉ごしが挙げられていました。

モクテルはアルコールを使用していないので、その喉ごしをどう表現するかに注目が集まりました。

しかし、The Mocktail Bar MORIで提供されるモクテルには、アルコールの代わりに生姜やハーブを入れることで、喉ごしを表現し、提供することができます。

また、生姜やハーブが体内温度を上げてくれるので、アルコールを飲んだときのような「ほろ酔い」のときのようなほてりを感じることができます。

しかし、このほてりはアルコールに比べて健康的であり、長期的に摂取することで、さらに体への良い影響は増すばかりです。

ソバーキュリアスとモクテル

ソバーキュリアス モクテル ノンアルコール ゲコノミクス カクテル

飲料業界では、2020年のトレンドを大きく席巻するこの2つのキーワードに注目が集まっています。

インスタ映えなどのSNSで注目を集めるなら、ぜひソバーキュリアスやモクテルをタグ付けして、話題を独占してくださいね。

コラム

Posted by ONIGIRI